FC2ブログ

たいがのゆううつ

このサイトはマイペースに二次創作や漫画・小説などを淡々と更新していきます。過度の期待はしないでください。あとPCのデスクトップから3m離れて見やがってください。

プロフィール

to-ra

Author:to-ra
twitter始めました↓
http://twitter.com/to_ra_kfgg
mixi始めました↓
http://mixi.jp/home.pl?from=h_logo
pixiv始めました↓
http://www.pixiv.net/novel/member.php?order=date_d

涼宮ハルヒの憂鬱の二次創作を中心でやっていく方針です。あと自身の日々の徒然なる日記好きなラノベの紹介等も書いていきます。

社会人になり5年経ち、色々と考えなければいけない時期に来ているかも

最近はラブライブの曲ばかり聴いています
ラブライバーに、私はなりたい・・・

今後の予定

8/10
コミックマーケット84

る-03a

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

web拍手

拍手する

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

改めてあけまし(ry

また寄り道ですが、ハルヒではなくとらドラ!のミニSSを書きました。
ラノベを読んでいた時から考えていた話です。短いし、読み手に伝わらないかもしれませんが;
ラノベ10巻、とらドラ!アニメを見て川嶋亜美に抱いた感想の一部をこのミニSSに込めました。
色々述べるとネタばれになってしまうので、一言述べるとすれば、

川嶋って、あの5人の中でどのような位置なのだろう?

ということです。彼女は皆に注目を浴びるのが大好きなはずなのに、何故からかいもあるけど大河の肩を持ったり、櫛枝にかまをかけたり自分が損な役割でしかも脇役的な位置でいるんだろう?と疑問を感じました。
結局、貴女は何がしたいんだ?・・とラノベを読んでいる時もずっと彼女に問いただしたい気持ちでいました。その疑問の自分なりの解答としてのミニSSです。

まだ川嶋ネタが残っているので、また別の話でSSを書くかもしれません。川嶋だけではありませんが他に兄貴こと狩野すみれ×北村のSSも書きたいですね。そこに大河も混ぜてみたいwwwとらドラ!ネタも良いものだと感じた今日この頃です。

話は変わりますが、今日初詣に行ったあとにゲオに行ったらPSP中古品がセールで13800円で売ってた。Amazonでも売ってましたがここまで安くなく、前からほしいと思っていたので買ってしまったwでもソフトとメモリーディスクはAmazonで注文しました。その方が安かったので。ソフトはモンスターハンター2ndGですが、今でもやっている人はいるのかな?なんかもう手遅れ感がバリバリしてならないんですが;

久々に、過去にみた面白かったニコニコ









ニコ動で巡回していたら、久しぶりに発見したPASSIONAL GRAPHIC様の制作動画を一気に見ました。やはり絵も内容もクオリティが高いですw久しぶりに声をあげて笑ってしまいましたw

明日から大学へ出勤。卒論研究のために頑張ります。それでは。
スポンサーサイト



とらドラ!SSS 川嶋亜美

この世界には人はおろか、生物など存在しません

代わりに複数の色が世界を支配しています

その中でも黒色と赤色は忌み嫌われていました

赤色は気に入らない事があると相手を威嚇し

黒色は黒いというただそれだけの理由で周りを恐れられていました

ある日、黒色が白色に羨望と恋心を抱き

またある時は赤色が青色に恋心を抱き始めました

二つは相反する色ながらも、目標に向かって協力していきました

結果は・・・散々でした

そして二つの恋が打ち砕かれてから、世界が混沌と化してしまいました

互いの色が憎しみ合うように

何故こうなってしまったのかは分かりません

誰にも・・・ね




さて、最後に質問…
この様子を語っているのはだ~れ?





「ふぅ・・・」

最後の一文を書き終え、一息つく。
自販機と自販機のスペース。いつものこの場所で体育座りをしている。

「何書いてるんだろう、私」

最近になって始めたポエム。何故始めたのかははっきりとわからない。
ただ、書かずにはいられなかったのかもしれない。
書き終えてすぐに誰かの足音が聞こえてきたので持っていた手帳をお尻の後ろに隠す。

「お? 川嶋じゃないか?・・・相変わらずそんな狭いとこに」

自販機の前に現れたのは高須君。何故かここにいるといつも彼と会う。他の知り合いとも会わないように抜け出してきたのに。

「いいの。ここは私の場所なんだから」

できれば誰とも会いたくはなかった。特に彼とは。しかも、彼がそれについて全くの無自覚なのが余計に私の傷を抉る。なんて罪深い性格なのだろう。そんなことだから ゛本命の゛相手だけでなく、自分までも壊してしまうんだ。そう、これから、絶対にね・・・。

「お?もう行くのか?なんかさっき作業していたみたいだったけどいいのか?」

「別に~。ていうかさ、プライバシーを覗くのは犯罪だと思うんだけど?」

「なんでそうなるんだよ・・・まあいいや、そこ座らせてもらうぞ?」

「ご自由に。私、先に行ってるわ」

私は後ろに隠していた手帳を素早くポケットにしまい、立ち上がりそのままその場を去ろうとした。・・したのだが、少し進んだところで自分の足が私の意思に反するかのように止まってしまった。

「ん?どうしたんだ、川嶋?」

「・・・あ~高須君に聞きたいことがあるんだけど、」

「ああ、何だ?」

「私は周りから見て何色だと思う?」

「は?」

彼が何を言ってるんだと困った顔をしているのを見ながら、私は再び歩き出す。

「お、おい川嶋! 俺はまだ何も答えて、」

「ごめん、やっぱり何でもない。無かった事にして」

その後も、後ろから彼が私に何か叫んでいたが気にせず立ち去った。
歩きながら廊下の天井を見上げながら溜息を吐く。なんだろう、このやりきれない気持ちは。

そのまま教室には戻らず女子トイレに早足で駆け込む。勿論誰もいないことを確認しながら。
洗面台の鏡。その前に立ち、鏡に写りこんでいる自分を見つめる。

そして鏡の中の子に笑顔で質問した。

「アナタハイッタイナニモノデスカ?」

終わり

明けましておめでとうございます

更新が滞っていましたが正月は休みを入れているので久しぶりに更新できました。

2009年が始まってから30分くらい経ちましたがどうも中学時代まで感じた正月って感じがしない・・・なんか高校時代から正月もクリスマスもバレンタインデーもあまりお祭り騒ぎはしないですね、普通の日って感じです。

とりあえずこれから一時間ぐらいあとには寝るとして、それからどうしよう?休みは取ったけど特にやることない・・初詣にも行こうかしら?それが終わったらSSを更新しようかしら?こういう日にしかできないことをやっておきたいな~

短いけど日記終わりで。SS更新できたらもう一度日記書くかも?

Copyright (C) たいがのゆううつ All Rights Reserved.