FC2ブログ

たいがのゆううつ

このサイトはマイペースに二次創作や漫画・小説などを淡々と更新していきます。過度の期待はしないでください。あとPCのデスクトップから3m離れて見やがってください。

プロフィール

to-ra

Author:to-ra
twitter始めました↓
http://twitter.com/to_ra_kfgg
mixi始めました↓
http://mixi.jp/home.pl?from=h_logo
pixiv始めました↓
http://www.pixiv.net/novel/member.php?order=date_d

涼宮ハルヒの憂鬱の二次創作を中心でやっていく方針です。あと自身の日々の徒然なる日記好きなラノベの紹介等も書いていきます。

社会人になり5年経ち、色々と考えなければいけない時期に来ているかも

最近はラブライブの曲ばかり聴いています
ラブライバーに、私はなりたい・・・

今後の予定

8/10
コミックマーケット84

る-03a

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

web拍手

拍手する

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード

製本作業完了。これから連続SS投稿します その六

ラストです
これでようやく沙織さんの晴れ晴れとした姿を見れると思います

とりあえず当日は20部前後を持っていこうと思います
挨拶まわりもする予定だから、少なくなるかも

ちなみにA5サイズ、46ページで価格は100円です


それではイベント時はよろしくお願いします

数週間後。
わたくしはいつものように千葉近郊の友達の家に行き、恒例のオフ会を開いている。今日も今日とてアニメの鑑賞会や新しいゲームの対戦で盛り上がりそうだ。

「どうも、お邪魔するでござる」

「失礼します。お邪魔するわ」

「来た来た。ささ、ちゃっちゃと入ってメルちゃん鑑賞会やるよ?」

「また最初に鑑賞会? 今日は対戦からやると言ったじゃない? 約束を簡単に破るつもりかしら?」

「いいの! 別にどっちを先にやったっていいじゃん? 相変わらず頭堅いな~」

「お、久し……ってお前ら早速喧嘩かよ!? もう少し仲良くだな? ほら、沙織も…」

「拙者はスーパーロボット大戦の新作のほうが……」

「もう、勝手にしてくれ……」

きりりんさんと黒猫さんの口喧嘩。それを止めようと割って入る京介さん。
これが今のいつもの日常だ。三人の喧騒を微笑みながら眺めていると、軽く肩を叩かれたことに気づく。

「前にオフ会はごめんな。今日埋め合わせするから桐乃の分まで許してやってくれないか?」

京介さんが申し訳なさそうに話しかけてきた。そういえば、そのことをすっかり忘れていた。黒猫さんと「あのようなこと」があったから当然か。

「大丈夫ですぞ、黒猫氏が来てお相手していただきましたゆえ楽しく過ごせました。しかし、その埋め合わせとやらも気になるところ。喜んで受けましょう」

「ああ、そうしてくれ。じゃあ時間もなくなるし、そろそろ始めるとするか」

京介氏が促すと、きりりんさんと黒猫さんも口喧嘩をやめて皆でぞろぞろと二階へと歩き始めた。





こんなに変わってしまった日常を彼女が見たらどう思うだろうか。軽蔑するだろうか。それとも前みたいに嫌悪の対象として見られるだろうか。
仮にそう思われたとしても、今のわたくしならば堂々とこう言い放つことができる。

「これがわたくしの『いつもの日常』です。なにか文句ありまして?」と。












「そういえば黒猫氏、わたくしたちが初めて出会ったときの約束の話を出したときに、はぐらかしたではありませんか。その時あなたは、何を言おうとしていたのですか?」

「ぐっ……良い記憶力ね。し、しょうがないわ、一回だけ教えてあげるわ。い、一回だけよ。…………………単純よ、貴女のことを……その時から『羨望』していた。ただそれだけよ」

スポンサーサイト



Comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

Copyright (C) たいがのゆううつ All Rights Reserved.